乾燥肌のスキンケアではお肌を甘やかしてよし?

二十歳ぐらいの学生の頃、雑誌に登場しているモデルさんの「スキンケアをしすぎてお肌を甘やかしすぎない」とかいう言葉を真に受けていた時もありました。

乾燥肌なのに、「お肌を甘やかせ過ぎてはダメだ!」と、化粧水しかお肌に塗らなかったりということをしていました。しかし後悔しています。

だって当然、化粧水だけをつけるスキンケアですと、お肌がものすごくつっぱりますもん。

これでお肌の脂が有り余っている若い10代の頃でしたら、確かに化粧水だけでいいかも知れません。

けれどももう若くもないアラサーな年齢において、お肌の乾燥を放置してしまう方が悪いでしょう。

だって赤くもなりますし、それに今の年齢を考えたら「シワ」だってできますからね。乾燥肌はシワを招くと聞いたことがあるのです。そしてそのことは事実だと自分のことを思っても納得します。

ですから、今ではもうすっかりお肌を甘やかせてしまっています。けれどもそれでいいと思っています。

だって、お肌がつっぱらないですし、それに化粧水だけではなく乳液もしっかりと塗った方がお肌の調子がいいですからね。

確かに脂が有り余るオイリーなお肌の人にとっては、乳液塗りすぎは向いていないかも知れませんけれど、私のような乾燥肌のスキンケアにはお肌を甘やかすこと、乳液をつけることは大事でしょう。